CASPIAN

ペルシャ絨毯、キリム、ギャッベ、ピクチャー、アンティーク、シルクなど直絨毯専門店|東京都武蔵野市吉祥寺

店舗案内

ペルシャ絨毯、キリム専門店
有限会社 カスピアン

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-9
トーシンフェニックス吉祥寺弐番館1F

■TEL:0422-21-3154
■FAX:0422-21-3110
■E-Mail:info@caspian.jp

各種カード使用可能
▲各種カード使用可能

カスピアンへのアクセス
▲カスピアンへのアクセス

 

HOME»  その他の産地商品紹介

その他の産地商品紹介

ケルマン産商品紹介

花柄が多数の色の濃淡で表現されています。ケルマンフラワーは、全体的に花を一面に施しているものが多いので色数が多くても煩わしくなく柄的に温かみのある絨毯です。

>>>ケルマン産商品はこちら

 

ケルマン産商品紹介

 

カシャン産商品紹介

ウール製のものが中心で、花、蔓草そしてシャーアッバス文様などを配したメダリオンコーナーデザインが有名です。保守的とされるこの地域の気質を反映し、古典的なデザインパターンを守り続けていてイランの家庭で広く使われています。

>>>カシャン産商品はこちら

 

カシャン産商品紹介

 

アンティーク絨毯紹介

アンティーク絨毯とは、大体50~60年以上経っている絨毯を指し、30~50年の絨毯は、オールドと呼ばれています。当店では、コンディションの良いもの、色に力があるもの、素材の良いものにこだわり、絨毯産地の工房だけでなく、田舎の織り元が古くから所有していた絨毯なども直接買付けしております。アンティークの良い物は、草木染めの色もなじんで、絨毯も柔らかくこなれてきます。それに対し、現在では、絨毯工房で管理され同色の染糸で同じデザインのもの、あるいは似たデザインのものをコマーシャル品としていくつも作ることができます。昔のものは、代々その家や部族に伝わるデザイン、個人好みのデザインを織り込むというような自由さがありました。糸が足りなければ自分の考えで糸を染めたり、付け足したりするので、同じ色でも微妙に違う色になり、味わいや深みが出てきます。

 

アンティーク絨毯紹介

 

カシャン、ケルマン、イスファハン、タブリーズ、コム、マシャッド、シーラーズ、ナイン、トルクメン、アルデビル、ザンジャンなど各産地によって色柄、風合いなど特徴があります。また、絨毯に使われる色彩、文様にはそれぞれ意味があり、メッセージや家訓などが込められたものもあります。オール・シルク政策以前のコムのアンティークには、ウール絨毯も多く見られます。

※希少価値の高いアンティーク絨毯の面白さをお楽しみ下さい♪

>>>アンティーク絨毯はこちら